40代50代の新人保育士がホントに戦力になる?!保育園でのニーズと注意点

40代50代

これは最初に言っておきたい。
「戦力になります!」

  • 40代で新人保育士なんて役に立つのかな?
  • 50代で保育士未経験者に求人なんてあるの?
  • 研修もないのにどうやって仕事を覚えるんだろう…。

試験を受けてやっと手にした保育士資格を活かして保育園で働きたい!でも不安がいっぱいで踏み出せないあなたに、40代50代の新人保育士にはたくさんのニーズがあることを知って欲しい!!

国試で保育士資格を取って保育園で働いている53歳の私が、40代50代の新人保育士が現場で戦力になる理由をお話しします。
注意点をしっかり頭に入れたら、未経験でも十分やれるという自信が湧きますよ!

あなたが必要とされていることを知って、一緒に保育園で働きましょう!

40代50代の新人保育士が戦力になる理由

資格は持っているけど保育園で働いた経験のない自分がどうして戦力になるのか。

それはクラス担任を受け持つ保育士だけでは、業務が回らないからです。

【40代50代新人保育士が必要とされる理由】

  1. 保育士にはたくさんの業務がある
  2. 配置基準を満たす保育士人数が足りない
  3. 朝夕の延長保育士が足りない

では中身を詳しくみていきましょう。

1. 保育士にはたくさんの業務がある

保育士の仕事といっても、その内容は多岐にわたります。子育て経験のある人ならわかると思いますが、家事をしながら子育てって大変だったでしょう?
保育士の仕事は家事と子育てに加えて計画案や記録、行事の立案や準備に保護者対応をしているようなもの。もう尋常ではない忙しさです。しなくていいのはお料理くらい。

このとき補助的な立場でおむつ替えや後片付けなどの雑務を中心に、子ども見ることのできる保育士がいたら本当に助かります。

2. 配置基準を満たす保育士人数が足りない

子どもの年齢、人数に対して保育士を配置する人数が国や自治体で決められていることはご存じでしょう。資格のない人でも保育園で働くことは出来ますが、基準を満たすことは出来ません。

保育士資格があれば、それだけで配置基準を満たすことに役立つのです。

配置基準についての参考
保育所における保育士配置の特例(厚生労働省 平成28年4月施行)

3. 朝夕の延長保育士が足りない

近頃の保育園は朝は7時から、夜は20時まで開いているところがほとんどです。朝の早番、夕方の遅番を担任保育士がカバーする時の勤務時間は次の通りです。

【延長職員がいない保育園での担任の勤務時間】

  • 早番……7時~16時
  • 遅番……11時~20時

※保育園によって勤務時間は若干異なります。

もし担任保育士が朝7時から出勤なら、16時には帰ってしまうのでお迎えの時間に保護者に合うことはほどんどありません。朝11時からの出勤なら、午前の活動はほとんど終わって給食の支度が始まっています。

【延長職員の保育時間】

  • 朝7時~9時
  • 夕18時~20時

※保育園によって勤務時間は若干異なります。

この延長時間のカバーに保育士資格のある人がいてくれたら、担任保育士は9時~18時のメインの時間帯で保育にあたることができます。

延長保育はいつも人手不足だから、ひっぱりだこですよ!

求人票に「未経験歓迎!長期ブランクOK!」なんて言葉がよく見られるのも、経験が無くても十分戦力になるからなのです。

40代50代新人保育士のニーズ

それでは、40代50代の新人保育士はどんな仕事で必要とされているのでしょうか?

40代50代の新人に正社員のクラス担任を期待している保育園は、20代30代に比べるとあまり多くはありません。20代30代なら多少時間をかけて育成しても、その先長く働くことが期待できます。しかし、40代50代には残念ながらあまり先が長くないからです。

保育園での勤務経験のない新人40代50代保育士に求められているのはどんなことでしょうか。

【40代50代新人保育士が求められること】

  • 保育士資格保有者であること
  • 社会経験があること
  • 家事育児経験があること
  • 子育てが一段落していること

新人とはいっても、私たち40代50代にゆっくり指導するだけの時間はありません。しかし、社会経験があれば社会人としての基本のルールは身についているでしょう。主婦なら洗濯、ゴミ捨てなどの家事は当たり前にやってきていますよね。1から10まで全て言わなくてもある程度察してやってくれると期待できるのがこの年代です。

子育て経験があればなおよし。

【子育て経験で期待されること】

  • おむつ替え
  • 調乳・授乳
  • 子どもの着替え
  • 食事の介助
  • 寝かしつけ

これだけ経験があればOK!

それに自身の子育てが一段落しているなら、子どもの行事や病気でお休みする可能性が少なく、安定してシフトが組みやすい!

こうしてみると、未経験の若い保育士より即戦力になる可能性があることがわかりますね。

40代50代新人保育士が仕事を覚える方法と注意点

戦力になる事は分かったけど、仕事が覚えられるかな?

そんなあなたに仕事の覚え方と、働く上での注意点をお話しします。

1. 仕事を覚える方法

40代50代の新人に研修はほとんどありません。みんな働きながら覚えていきます。
やることがたくさんあって頭がパンクしそう?!

大丈夫です。最初に覚えるべきことをおさえたら、あとは徐々に身について行きますよ。

【最初に覚えること】

  1. 仕事の流れ
  2. 職員・子どもの名前
  3. 道具のある場所
  4. 予定表や引き継ぎ書の場所

保育園の仕事は毎日決まったタイムスケジュールで動いています。
タイムスケジュールは月齢、年齢によって違います。

  • 何時に園庭からお部屋に入室するのか
  • 給食の準備を始めるのは何時何分からか
  • お昼寝のお布団は何時までに敷いたらいいか

などなど。
クラスによってだいたい決まっているので覚える必要があります。
タイムスケジュールが頭に入っていれば、時計を見ながら次に何をするべきかがわかるので、スムーズに動けるようになります。

子どもの名前は、最初は下の名前。次にフルネームを覚えます。下の名前は子どもに声掛けをしたり、持ち物を確認するときに重要です。フルネームを覚えると名字だけを名乗ってかかってきた保護者からの電話が受けられるようになります。さらに兄弟関係まで覚えられたら、みんなの会話や書類の理解が深まりますよ。

まずは最初に①仕事の流れをつかみ、②早くみんなの名前を覚えましょう。

仕事の流れを覚えても、何がどこにあるのか、備品はどこにあってどのように扱うのかがわからないと、そのたびに誰かに教えてもらわなければいけなくなります。道具や備品の場所を覚えれば、人に聞かなくても自分で解決できるので仕事もやりやすくなりますね。

保育園の事務室には月の予定表やその日の職員間の連絡事項、子どもの出欠情報が確認できるようになっています。職員間での情報の共有は出勤したら毎回確認をしましょう。その日の保育室の様子が予想でき、事前に気を付けるべきことがわかるので心構えができます。

2. 働くときに注意すること

「やっと仕事も覚えてきたけどなんか違う…。」

40代50代で保育士デビューした人によくあるモヤモヤ。せっかく就職したのに、辞めたくなってしまった…。

そうならないための注意点は次の3つです。

【40代50代新人保育士が働くときの注意点】

  1. 自分の経験を優先しない
  2. 思い込みで動かない
  3. 価値観・保育観に振り回されない

自分の経験を優先しない

40代50代にもなると、社会経験も子育て経験もベテランです。自分のやり方を持っている人がほとんどでしょう。
しかしそれは自分のやり方としてひとまず置いておいて、保育園ではその園、クラス、担任のやり方に合わせましょう。

子育てと保育は違うということ、そして保育園ごとにやり方や考え方があるからです。

思い込みで動かない

最初のうちは分からないことだらけなので、できるだけ確認して行動してください。自分の判断で出来ることもありますが、思い込みがトラブルの元になります。

保育園には独自のルールが多くあり、ミスを無くしたり事故を防ぐためにできたルールには、効率の悪いものもあります。
「おかしいな」と思うやり方に出会うこともありますが、いろいろな経緯があってその形になった可能性もあるのです。

価値観・保育観に振り回されない

40代50代が新人保育士として働き始めて一番胸を痛めることは、おそらく価値観・保育観の違いです。

あなたの感覚と現場の保育士の感覚は必ずしも同じではありません。なかには時代遅れ、見当違いの保育をしていると感じる保育士もいるでしょう。

そんなとき、

  • 「イヤだけど同じようにした方がいいかな?」
  • 「やっぱりおかしいから注意した方がいいかな?」
  • 「自分の考える保育と違う!」

こんなふうに気になる所がいっぱい目に付いて、モヤモヤが止まらない!なんてことになるでしょう。

私の経験上この気持ちはとても大きなストレスで、慣れない仕事と重なってあなたをとても疲れさせます。

ではどう対応するべきか?

【違う価値観にモヤモヤするときの対応】

  • 良くないことは真似しない。
  • 注意はしない。
  • どうしても受け入れられないときは園から離れる。

あなたが良くないな、と思うやり方は真似しないでください。自分の価値観を曲げて良くないやり方を取り入れる必要はありません。

でも、注意はしない。
入職して間もない新人の40代50代保育士が注意して聞く耳を持つ人はいませんよ。
残念だけど……。

私たちが目の前の仕事をしっかりこなし、職場の人たちと信頼関係が築けた頃に伝えるチャンスはやってきます。

どうしても受け入れられないことに直面したら…。そのときはその園からは離れた方がいいです。

まとめ

40代50代新人保育士が戦力になる理由と保育園でのニーズ、働くときに注意することをお話してきました。

【40代50代新人保育士が戦力になる理由】

  • 保育士にはたくさんの業務がある
  • 配置基準を満たすための保育士人数が足りない
  • 朝夕の延長保育士が足りない

【40代50代新人保育士のニーズ】

  • 保育士資格保有者であること
  • 社会経験があること
  • 家事育児経験があること
  • 子育てが一段落していること

【新人保育士が最初に覚えるべきこと】

  • 仕事の流れ
  • 職員・子どもの名前(子どもはフルネーム)

【40代50代が新人保育士として働くときの注意点】

  • 自分の経験を優先しない
  • 思い込みで動かない
  • 価値観に振り回されない

40代50代の新人保育士でも、十分役に立つことがわかっていただけたと思います。
あなたを必要とする保育園で、勇気を出して保育士デビューを果たしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました